冷凍食品はママの味?

いつも閲覧ありがとうございます

こんにちは☆すどうです♨

今年もどうぞよろしくお願いいたします☆

 

新しい一年がはじまったなぁ~と思っていたら
あっという間に中旬ですね;;

小学校の冬休みも終わり、子どもたちも月曜日から学校が始まりました

我が家では、冬休み中ゴロゴロしていた子どもたちが片付き

ばあばがホッと一息ついているところです 笑

 

 

小学校では始業式の次の日には息子の学年がスキー教室

娘はその次の次の日…となかなかハードなスケジュールで

時の流れがさらに増している すどうです。。。

 

学校のスキー教室は、親にはそんなに関係ないと思うでしょ?

 

違うんですよ~

 

スキー教室だとお弁当なのですよ

 

私、お弁当作るの、、苦手なんですよ、、、すごく。。。

 

たまにしかないお弁当の機会だけに

はりきっちゃうんですけれどね

 

結果が伴わない。。。

1

 

そして、すどう家のキッチンは、ばあばのお城☆

私がキッチンをウロウロしていると

姫(ばあば)の機嫌が悪くなってしまいます

 

増してや朝の忙しい時間帯に

どんくさく、トロトロと調理している私…

(私が想像してもイラつく。。。笑;)

 

 

あまりにももたつく私に 姫からは

「あなたの作ったおかずより冷凍食品の方が安全でいいんじゃない?」と

手厳しいアドバイスをいただきました

 

それ以降、遠足やスキー教室などお弁当の行事の時には

しっかりと冷凍食品が完備されるようになり

大幅に私の調理時間はカットされるようになりました

 

 

(なんだか心が淋しい気持ちなのは…気のせいでしょうか?)

 

 

昨今の冷凍食品、おいしいし便利だし有り難いんですけれどね

子どもに「お弁当おいしかった?」って聞くこともなくなてしまいました

 

しょんぼり… ´・ε・`

 

 

そういえば、保育園の頃に

湯沢のラジオ局で卒園間近の園児にインタビューした様子を放送する規格があって

息子の順番の時に

 

インタビュアー  『好きな食べ物はなんですか?』

息子        『カレーです』

インタビュアー  『そっかぁ~、お母さんが作ってくれるのおいしんだね~』

息子        『…は、はい…』(本当はばあばが作っているので急にしどろもどろ)

インタビュアー  『たくさん作ってもらえるといいね~』

息子        『…う、うん…』(どんどん元気がなくなってゆく)

 

 

…なんてことがありました。。。

 

きっとウチの子どもたちは「母さんはお菓子しか作れない」と思っていると思います。。。

おふくろの味が冷凍食品にならないように

今後努力したいです。。。´;ω;`